入院後のご案内

入院中の生活について

  • 病状、治療等の都合により病室を変更することがありますので、あらかじめご了承ください。
  • 病室に掲示してあります避難経路図をご確認ください。
  • 災害など万が一の場合は、職員の避難誘導に従い、落ち着いて行動されますようお願いします。
     また、何か異変を発見された時は直ちに職員へお知らせください。
  • 当院では医療行為の前にお名前を名乗っていただく方法で、ご本人確認をさせていただいております。
  • ネームバンドの着用をお願いしております。
入院生活1日の過ごし方
午前6:30 起床の時間
午前7:45 朝食の時間・整容
午前9:00 リハビリテーション・検温・入浴
午後12:00 昼食の時間
午後13:30 リハビリテーション・入浴
午後18:00 夕食の時間
午後21:30 消灯の時間
テレビ・ラジオの使用時間について

テレビ・ラジオはイヤホンをご利用ください。ご利用時間は起床時間の午前6:30から22:00までとなります。

外出・外泊について

ご希望の方は、看護師を通じ主治医の許可を得てください。
外出・外泊許可願いに記入し4階・5階スタッフステーションまで提出をお願いします。

入浴について

主治医の許可があれば入浴することができます。入浴日は看護師にお尋ねください。

  • 介助者の必要がなく患者様ご自身で入浴される場合は、フロアーの浴室を利用していただきます。
  • 介助者の必要がある患者様は、2階の浴室を利用していただきます。

フロアー入浴室の利用は4階・5階スタッフステーションでの予約が必要ですので、4階・5階スタッフステーションへお申し付けください。

食事について

ご入院中の食事は症状にあわせて、当院でご用意いたします。主治医に許可された患者様に限り、特別メニューをお申し込みいただけます。

※衛生管理のため、お食事の持ち込みは、原則として禁止させて頂いております。

  • 特別メニューのお申し込みは前日までに4階・5階スタッフステーションまでお願いします。
  • 特別メニューについては別途50円を請求させていただきます。

外出・外泊時の欠食のお申し出は、前日の午後4時までに、病棟看護師にご連絡ください。※当日のお申し出の場合はお食事代を請求させて頂くことがあります。主治医の許可がない場合、病院食以外の飲食はご遠慮ください。また治療の為に食事が中止になる場合がありますので主治医の指示に従ってください。
デザートについて通常の食事に付いてきますが、追加希望の患者様はフルーツゼリー・ヨーグルト・飲むヨーグルト・牛乳・果物などより1品80円にて提供させていただきます。

洗濯について

コインランドリー機は、4階・5階の洗濯室に設置してあります。
洗濯は、本人又はご家族の方でお願いしております。やむをえず、ご家族が来院できない場合は、クリーニング利用できますので病棟看護師にお申し出ください。但し、クリーニング料金(600円/1ネット(消費税別))は患者様負担となります。

利用時間 9:00〜20:00
使用料金 100円/1回

※両替機がありませんので、100円硬貨の用意をお願いします。

面会について

お見舞いの方は1階受付カウンターにてICカードを貸出しいたしますので受付へおこしください。お帰りの際には1階受付カウンターへお戻しください。

面会時間について
平日 13:00~20:00
土日祝

※面会時間以外の面会はご遠慮くださいますようお願い致します。面会は他の患者様のご迷惑にならないよう、静かにお願い致します。

施錠時間(正面玄関)について
平日 20:00
土日祝 17:15

※当院の4階・5階へはエレベーターを利用する場合はICカードでのみ利用可能です。

電話利用について

公衆電話は4階・5階に設置してあります。(テレフォンカードの販売は致しておりません)大部屋での携帯電話の使用はご遠慮ください。
携帯電話をご利用の場合は、他の患者様に迷惑にならないようにお願いします。

退院について

入院経過を医学的に検討した上で、主治医が退院日を決定し連絡させていただきます。退院後に当院で外来受診される場合、次回の外来診察予約を承ります。病棟看護師、または医療相談員にお尋ねください。

相談窓口について

医療相談員は、患者様の医療・福祉・介護に関する事を中立的立場にてご相談させていただきます。医療相談員と直接お話を希望される方は、1階に総合案内にお問い合わせください。

ご意見箱について

皆様が気持ちよく当院をご利用いただけるように、患者様及びご家族様よりご意見・ご要望をお伺いしております。ご意見箱を1階玄関と4階スタッフステーションに設置しておりますのでご遠慮無くご記入いただき、箱へお入れください。

その他の留意事項について

回復期リハビリテーション病棟の職員の役割

回復期リハビリテーション病棟入院中の患者様のご家族の方へ

入院生活について

患者様の心身に最もよい治療のためには、患者様の生活に即したリハビリテーションを適切に行うだけではなく、ご家族の方の精神的な支援のもと充実した入院生活を送る必要があります。そのためにもご家族が入院中の患者様に関わり、精神面、身体面の支援をしていくことが重要です。

ご自宅への退院について

ご自宅へ退院する際は、まず患者様の状態に合わせてご自宅の環境を整えていくことが必要です。同時に患者様が1日でも早く自宅へ帰ることができるようにご家族もその心構えをする必要があります。そのためにも、早めにご家族が病気や障害について十分な知識を得て、患者様の心身の状況を十分に理解し、自宅での生活に向けて患者様と目標を共有することが大切です。

治療について

回復期リハビリテーション病棟では、疾患により入院期間が150日、90日以内となっています。良好な経過の方は早く退院できますし、その期間で終了しない方は他の療養施設や病院へ転院していただきます。また、万が一入院中に何らかの疾患が発症した場合、基礎疾患の急性増悪の場合は紹介の医療機関でのご加療をお願いします。