先輩からのメッセージ

先輩看護師からのメッセージ

病棟で勤務する先輩看護師です。
入院施設の他に、リハビリテーションなども完備する木村病院で活躍している、先輩看護師スタッフのご紹介です。

一般的な診療病棟とは少し雰囲気の違った看護師業務をご紹介しています。

先輩介護士からのメッセージ

Q1:介護士のしごとをして嬉しかったことは?

利用者様が入所されるときにお身体のことや退所後に誰と、どこで、どのように生活するのかをお聞きしています。

私が入所対応を担当したある利用者様が退所されるときに、「一番最初に対応してくれたのが、あなたで本当に良かった」と声をかけてくれました。その方は、1年以上施設で生活されたのですが、長い生活の中でも私が一番最初に対応したことを覚えていてくれて、その対応を褒めていただけたのは何よりも嬉しかったですね。

この他にも、集団生活になじめなくて少し心を閉ざし気味の方が心を開いてくれて「ありがとう」と言っていただいたときも嬉しかったですし、介護のお仕事は「ありがとう」と言われる機会が多いので、たくさん嬉しい気持ちになれるお仕事です。

Q2:桂名会を選んだ理由は?

いくつか参加した実習先の中で、一番楽しく働けました。
友人の付き添いで参加した学校の説明会、それが介護と私が初めて接点を持ったときでした。元々おばあちゃんと話すことが好きだったこともあり、説明会で聞いた先輩たちの話はとても興味深く、楽しく思える内容だったのでその学校に進学を決めました。

入学後は介護をはじめ様々な福祉の授業があるのですが、実習も3回あり、その中の一つが、いま勤めている名東老人保健施設でした。
他には特別養護老人ホームと障がい者施設にも伺ったのですが、名東老健が自分の望む介護に一番近かったですし、何よりも楽しくお仕事ができたことが選んだ一番の理由です。

また、これは入職後のいま思っていることですが、子育てしながら働く職員へ様々な配慮をしてくれるから産後も働き続けられる点も好きな理由の一つです。

Q1:介護士のしごとをして嬉しかったことは?

名東老健は春の遠足・夏のお祭り・秋の文化祭・冬のお正月と、イベントを年4回開催しています。

2015年の夏祭り担当の一人に任命された自分は、利用者様に子どものころの夏祭りを少しでも再現できるように綿飴の出店を企画。
当日は多くの利用者様に食べていただき、「数十年ぶりに食べられた」「子どものころを思い出す、懐かしい味」など、みなさんに喜んでいただき多くの感謝の言葉をいただきました。
その時の童心に帰った利用者様の素敵な笑顔に、非常にうれしい気持ちになりました。

このように、自分の仕事によって喜んでいただいている場に立ち会えたり、その場で感謝の言葉をかけていただける仕事って実は少ないので、この仕事の最も良いところです。

Q2:桂名会を選んだ理由は?

キャリアを築くために必要な研修の充実。
自分のように資格がない中で介護の仕事を始める方は、まず介護福祉士の資格を目指す方が多いと思います。
桂名会への入社を決めた理由の一つは、キャリアアップのための研修が充実しているからです。

介護福祉士をはじめとした資格取得に向けた内部研修はもちろん、医療法人のため褥瘡(床ずれ)予防や院内感染予防など介護以外の研修にも自由に参加できます。手厚いサポート体制の中で、介護職員としてのキャリアイメージを持つことができたことは、何よりも大きな決め手でした。

先輩リハビリスタッフからのメッセージ

木村病院で理学療法士として活躍する先輩スタッフです。新卒として入社し、今では後輩の指導をする立場になりました。

今回はドクターはもちろん、看護師、言語聴覚士、介護士などと連携して行う回復期リハ病棟での業務をご紹介します。