神経内科

神経内科では、「脳」「脊髄」「視神経」「末梢神経」などの「神経」に係る病気を扱います。神経が炎症を起こしたり、痛んだりする状態を内科的に診断し、治療します。

神経は体中に張り巡らされており、体の各所ではかなり違った働きをしています。このため、神経内科の病気では,頭痛、めまい、手足のしびれ、力がはいらない、しゃべりづらさ、むせ、ふらつき、ふるえ、視力低下、物忘れ、排尿障害など、様々な症状が見られます。

近年増加傾向にあるアルツハイマー病に代表される認知症性疾患やパーキンソン病などの変性疾患、ならびに脳血管障害、多発性硬化症、末梢神経疾患、筋疾患、てんかんなど、精神疾患を除く神経疾患全般を診療対象にしています。

専門医によるきめ細かで患者様とじっくり向き合う治療を提供していきます。

医師の紹介

竹内 茂雄

竹内 茂雄

専門神経内科(自律神経学 臨床神経生理学)・脳卒中科・内科
略歴平成6年名古屋大学大学院修了(昭和63年医師免許取得)
認定日本自律神経学会評議員、神経内科専門医・指導医、脳卒中専門医、脳波専門医、筋電図・神経伝導専門医、医師会認定産業医、内科認定医、臨床研修指導医、難病指定医、身体障害者福祉法指定医(肢体不自由・音声言語障害)、認知症サポーター医、医学博士
ひとこと人によりそい、治癒力を引き出す医療を実践します。

診療時間のご案内

医師名診療時間
竹内 茂雄午後 13:30~16:00
片山 泰司午後 18:00~19:30
非常勤医師午後 17:00~19:30
代務医午後 18:00~19:30●代務医